ペット葬儀をする際の供養方法~納得のいく供養方法を選ぶ~

大切なペットとお別れをするために業者にペット葬儀を任せる

埋葬の仕方によっても費用金額が違ってくる

ペットが亡くなったら、ペット葬儀を行ないます。愛犬のお墓を作るか、納骨堂を利用するかで頭を悩ませる人も少なくありません。供養方法によってそれぞれ必要となる費用が異なります。一度費用をチェックしてみてから、供養方法を決めましょう。

供養方法

合同供養塔を利用する場合は、無料で供養できる場所や多少の費用がかかる場所があります。この合同供養塔には、ペット霊園で火葬されたペットが埋葬されています。他にも納骨堂なども利用することができます。一般的な納骨堂を利用する際は、年間約1万円からそれ以上必要になるのです。多少費用をかけても良いという場合に利用しましょう。また、一般的な納骨堂ではなく、豪華な納骨堂ではかかる費用の桁が1つ増えて、さらに高額になるので納骨堂を利用する際は気をつけましょう。業者が提供するサービスで供養する以外にも、自宅で供養することもできます。自宅で供養する時は、ペット用に販売されている小さな仏壇を用意しましょう。メモリアルグッズなども活用してペットを丁寧に供養してあげましょう。

僧侶に読経供養してもらう場合

僧侶に読経供養を付けたらプラスで費用が付きます(30代/男性)

ペット葬儀をする際に、僧侶に読経供養をすることもできます。僧侶による読経供養は、通常葬儀にかかる費用とは別です。個別読経供養の相場は約1万5千円~3万5千円となっています。経済的に負担が増えるものの、ペットをしっかりと供養してあげることができるというメリットがあります。ペット葬儀に軽読が必要と感じるのであれば迷わず利用してみましょう。ただし、この軽読供養は、必ずしもやる必要があるというものではありません。ですから、自身の経済的状況に合わせて利用するかしないかを決めると良いです。

TOPボタン