ペット葬儀ではどの火葬方法にするか決めよう

大切なペットとお別れをするために業者にペット葬儀を任せる

ペット火葬プランと費用相場について

ペット葬儀を行なう際に、合同火葬や個別火葬などを選ぶことができます。火葬方法によってペットとの別れ方が変わってくるのです。自分がどのようなお別れをしたいかを基準にして、火葬方法を選ぶと良いでしょう。

ペット火葬に対応しているところ

火葬場施設で火葬することを施設火葬といいます。施設火葬では、人と同じように火葬場施設で火葬することがでるのです。ちなみに自治体もペットの火葬を行なっています。自治体に火葬をしてもらうと、遺骨の返骨はありません。遺骨が必要ないという人は、自治体火葬でも良いといえます。自治体火葬では、25キロ未満のペットを約3000円で引取、火葬をしてくれます。費用も安いのでペットの葬儀に、さほどこだわらないという人には打ってつけといえるでしょう。

業者が行なっている火葬方法と費用

合同火葬
合同火葬では、自分のペットの遺体を他のペットと一緒に火葬します。多くのペットと一緒に火葬されてしまうため、遺灰や遺骨を引き取ることはできません。また、立ち合いも不可の場合がほとんどです。費用は約1万~2万円と安いので、経済的に厳しい人にはおすすめです。
個別火葬
個別火葬は名前の通り、ペット一体一体を個別に火葬するといものです。個別火葬にもいくつかタイプがありますが、この一般的な一任タイプの個別火葬なら立ち合いはできません。そのかわり、遺灰や遺骨を持ち帰ることができるので、ペットが生きていた証を残すことができます。費用は約2万~4万とやや高いですが、やる価値は十分にある火葬方法といえるでしょう。
立会火葬
こちらは個別火葬で、かつ立ち合いができるタイプです。また、遺骨もその場で拾うことができ、持ち帰ることができるのです。人間のお葬式とほぼ同じタイプになるでしょう。費用は一般的な個別火葬に約3千円~6千円程プラスされた費用となります。ペットを最後の最後まで見送ることができるので、気持ちに整理をちゃんとつけたいという人にはおすすめです。

サービス内容によって費用が違う

お金

専用の墓所を作るサービスですと費用は年間、約5千円~1万円程かかります。業者が管理と供養をしてくれる永久供養というサービスもありますが、これは15万以上かかるので、経済的に余裕がある人でないと厳しいサービスとなるでしょう。

TOPボタン